Biography

About NORIO IGEI
Professional Sailor
伊藝 徳雄(いげい のりお)

1997年に行われた「日本チャレンジ2000」クルーセレクションにおいて合格率0.64%の狭き門をくぐり抜け2000年に行われた世界最高峰ヨットレース・アメリカズカップ(1851年から現在まで続く)、第30回ニュージーランド大会に日本代表として参戦。帰国後プロとして本格活動開始。ジャンルを問わず国内外の様々なレースに参戦してきました。
当時の様子は →伊藝徳雄・ストーリーへ
セーリング競技者としては勿論の事、プロとして一社会人として社会活動にも積極的に取り組んでまいりました。
セーリング競技は他のスポーツに比べて一般の方の認知度がまだ低く、オリンピックでメダルを獲得した選手でさえメディアでの取り上げられ方はわずかなものでした。
世界レベルへの技術向上と共に国内での認知向上も大きな課題だと思っております。より多くの方にセーリングの素晴らしさ、魅力をお伝えし、セーリング界全体が発展し、セーリングスポーツを通じて社会貢献できるよう努めて行く事が私の使命と感じております。
→WEBマガジン[グアッポ!]の記事

Nation Japan, originated in Okinawa, living in Hayama
Date of Birth 18th May 1972
Height / Weight 173cm / 72Kg
Sailing Bio started at xxxx
1990 YMAC海洋科学専門学校 マリンスポーツ科 卒業
1998-2000 conpeted in Louis Vuitton Cup with Nippon Challenge
2000- Professional Sailor
2003- 有限会社伊藝 設立。代表取締社長
IGEI Yacht Service代表
HARKEN 正規販売店
ポジション バウマン、ピット、スワマン、ボートキャプテン
Sports Basketball, Triathlon, Surfing, Sailing
活動 葉山サバニクラブ 代表
日本セーリング連盟 キールボート強化委員会 委員
日本ヨットマッチレース協会 会長
日本セーリング連盟 IRC計測委員
葉山町商工会青年部 OB
ボランティア活動
環境保全活他
セーラーズフォーザシー クリーンレガッタのアンバサダー 2016就任~現在
Feelin Ocean(海の仲間が集う会)企画・運営 2009~現在
教育事業 シーマンシップクラブ
シーマンシップを基軸に個人啓発、企業研修プログラム、セーリングを行いながら実施
企業コラボレーション SAILRACING アンバサザー 2007年就任~現在
KEANON アンバサダー 2017年就任~現在
ZEROFIT アンバサダー 2017年就任~現在
LOCMAN
雑誌・書籍 KAZI誌 連載企画・協力
・クルーワーク虎の巻
・新・クルーワーク虎の巻(2013年1月号より)

主なレース歴

マッチレース 2000アメリカズ・カップ NZL大会 日本代表
2010アジア選手権大会 金メダル
全日本選手権 優勝5回 他国内大会優勝多数
US Knickerbocker Cup2008 Grade2 優勝
Bermuda Gold Cup Grade1
ワンデザインクラス 下記全てのクラスで世界選手権出場経験有
J24、プラト-25(ワールド7位・イタリアナショナル優勝)、メルゲス24、メルゲス30、エッチェル、ドラゴン、マム30、マム36(95-97ワールドサーキト参戦)、GP42、TP52、スーパーシリーズ(2015-2020参戦中)
主なロングレース歴他 1996 上海‐大阪 環太平洋ヨットレース
1997 香港-大阪 Sail Osaka
2003,2012 トランスパック(ロサンゼルス‐ハワイ)
2008 マイアミ-ジャマイカレース (アメリカ‐ジャマイカ)
2010,2012,2014 沖縄東海レース(うち2回はキャンペーンディレクタ-)
2013,2015,2016 シドニーホバートレース(シドニ‐タスマニア)
2016 香港-スービックレース チャイナシーレース(香港―フィリピン)
鳥羽レース 大島レース 初島ダブルハンド 他多数出場
2007,2017 国内最高峰 JAPAN CUP 優勝
– – – – –
回航:1994 三崎‐NZL,2015 蒲郡‐釜山,2016 大阪―香港,2017 蒲郡‐シドニー, 他国内多数
現 在 Moth クラスで活動中 2013-2020
52 SUPER SERIES 2015 16 17 18 19参戦 2020シーズン参戦中
現在モノハルタイプヨットフリート世界最高峰リーグ 年間6戦 2020 3月開幕
現在コロナウィルス感染拡大のためシリーズ延期中 再開未定。

国内外のレースを転戦し一年を通じて(2015年以降平均で120日程が遠征をしながら各地でレース)行っています。国内ではセーリングチームのコンサルティング・コーチsailingイベントも行っております。
メインレースはTP52 Super Series。世界最高峰のレースサーキとして世界中のファンが注目しているイベントに継続参戦中。2019シーズン最終戦において最終戦での優勝に貢献。
国内ではレース活動はもちろんですが、日本マッチレース協会会長として協会運営を行いながら、若手選手の育成レース運営を行う。
セーリングボランティア活動、セーリングアパレルメーカー・サングラスメーカー・時計メーカーとのPR、子供達へ一般の方々への体験セーリングイベントなどを手掛けながらセーリング認知拡大/活性化を図る活動にも力を注いでいます。